株式会社バイオジェノミクス、株式会社メタジェンと共同研究を開始

株式会社バイオジェノミクス、株式会社メタジェンと共同研究を開始
〜様々な腸内細菌産生物質が腸内環境にもたらす効果を科学的に評価〜

共同研究開始

「人体常在菌」の研究を中心に乳酸菌生産物質の製造を行う株式会社バイオジェノミクス(本社:長崎県大村市、代表取締役社長 本多英俊。以下、「弊社」)と腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指す株式会社メタジェン(本社:山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO 福田 真嗣。以下、「(株)メタジェン」)は、この度、バイオジェノミクスが有する発酵技術を生かした複数の腸内細菌産生物質が腸内環境にもたらす効果の示唆取得に向け、共同研究を開始しました。

本共同研究では、弊社は複数の腸内細菌産生物質が腸内環境に与える影響について、(株)メタジェンの独自の腸内環境評価手法「メタボロゲノミクス®」を用い、腸内細菌叢および腸内代謝物質の統合的な解析を実施します。腸内細菌産生物質とは、複数の腸内由来の細菌を共培養し発酵させた製品を指します。これにより、腸内細菌産生物質が持つ腸内環境改善効果のメカニズム解明に向けた仮説構築や新知見の発見から、腸内環境情報に基づく新たな商品開発につながることを期待しています。

今後もバイオジェノミクスならび(株)メタジェンは、菌が持つ未知なる可能性を追求し、その有用性を効果的に活用することにより、人々の健康維持や疾患予防に貢献するため、更に邁進してまいります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事