美肌菌・美肌フローラのご案内

  • 研究開発ストーリー
  • 美肌菌とは
  • 美肌フローラとは
  • 美肌菌バンクとは
  • 美肌フローラ製造工程
  • 研究業績
  • メディア(TV・雑誌)
  • バイオジェノミクス

『美肌フローラ』研究開発ストーリー

生まれる瞬間からはじまるストーリー。

乳酸菌生産物質とは「微生物はいつから私達の身体に棲みつくのだろう?」
私達の身体に棲みつく微生物(腸内細菌、皮膚常在菌)は、
生まれる瞬間から定着が始まります。母親の胎内にいるときは無菌状態であり、母子は母親にしっかり守られて育ちますが、産まれる瞬間からは外敵から身を守るために、様々な微生物が私達の身体に定着し始めます。
私達がこの世に生を受けて生きている限り、微生物とは共棲関係にあり、共に共存し、共に繁栄してゆく関係なのです。

Ⅰ.『美肌フローラ』の開発

バイオジェノミクスは1992年の設立以来、「人体の有用微生物の研究」をはじめ、「乳酸菌生産物質」、「乳酸菌発酵ドリンク」の製造を行っております。2011年に「Human Microbial Laboratory(ヒューマン・マイクロビアル・ラボラトリー)『人体常在菌研究所』」を設立し、新たに皮膚に常在する有用微生物の研究を進める中で、美肌に大きく寄与する菌、『美肌菌』の研究を進め、その後、製品開発を行い2013年よりオーダーメイドの基礎化粧品として「美肌フローラ(※製品名)」が誕生しました。

Ⅱ.プロジェクトメンバー

バイオジェノミクスでは、「美肌菌」の研究開発プロジェクトメンバーとして、皮膚常在菌の権威である東京女子医科大学・皮膚科「出来尾先生」、及び長年常在菌の有用性について研究をされている長崎国際大学・薬学部「榊原教授」、岡山理科大学・工学部「野嶽教授」との共同研究にて『美肌フローラ』の製品開発に至りました。
弊社では、皮膚常在菌の研究開発に今後も力を入れ、人体常在菌による様々な生理活性を応用し、製品開発を行うことで健康面・美容面への貢献をしていきたいと考えております。

東京女子医科大学 皮膚科 講師
出来尾 格 先生 できお いたる
専門:皮膚微生物学
(弊社研究顧問)

長崎国際大学 薬学部 教授
榊原 隆三 先生 さかきばら りゅうぞう
専門: 生化学、分子生物学、栄養生化学
(弊社研究顧問)

岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 教授
野嶽 勇一 先生 のだけ ゆういち
専門:生化学、微生物機能応用学、常在菌学
(弊社研究顧問)

美肌菌とは

美肌菌 ヒトの皮膚には、約1兆個の皮膚常在菌が棲みつき、その常在菌の中には有益な成分を産生し、皮膚の健康に寄与する"善玉菌"が存在します。その善玉菌が「美肌菌」です。美肌菌の正式名称を、
Staphylococcus ( スタフィロコッカス ) epidermidis ( エピデルミディス ) (和名:表皮ブドウ球菌)と呼び、ヒトの皮膚の角質層や肌表面に常在し、その大きさは約0.6~0.8マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001ミリメートル)と、とても小さい存在ですが大きな役割と働きを担っています。


美肌菌美肌菌(表皮ブドウ球菌)
皮膚の表面から角質層にかけて生息し、私達の皮脂や汗の成分をエサとしています。またグリセリンや有機酸などを産生し、私達の肌を保湿したり外部からの刺激から守る働きがあります。


黄色ブドウ球菌黄色ブドウ球菌
肌荒れを起こす原因やアトピー性皮膚炎の原因菌として知られています。健康な人の肌にはほとんど存在していません。


アクネ菌
一般的に、ニキビの原因菌として知られていますが、アクネ菌には3つの型があると言われており、Ⅰ型だけがニキビの原因菌となり、残りのⅡ型・Ⅲ型タイプは弱酸性の肌に誘導する働きを持つなど、善玉菌の働きをすることから「善玉アクネ菌」呼ばれています。


美肌菌のはたらき

美肌菌のはたらき図「美肌菌」は、"皮脂"や"汗"を食べて、グリセリン(保湿成分)や有機酸など皮膚に有益な成分を産生し肌を健やかに保ちます。又、アトピー性皮膚炎を発症させると言われている「黄色ブドウ球菌(悪玉菌)」を抑制する抗菌ペプチドを産生します。
肌の潤いやバリア機能を守る働きに、「美肌菌」はとても重要な役割を担っているのです。

美肌フローラとは

~完全オーダーメイド・スキンケア製品~

美肌フローラとは、自分の美肌菌を採取し、培養・増大させ、凍結乾燥粉末にして肌に戻すシステムです。多くの美肌菌を肌に戻し定着させることで、肌質改善へと導きます。 まずは、美肌菌採取キットを使用して、自身で美肌菌を採取し、バイオジェノミクスへ送付します。送付後、専門の研究スタッフにより肌から採取された様々な菌から、美肌菌のみを選抜・培養し、1本のバイアル瓶に約10億個の美肌菌を入れ、凍結乾燥粉末(フリーズドライ)により仮死状態にします。凍結乾燥した美肌菌粉末は、水分により活動を開始するため、使用する際は、化粧水と一緒にお肌に塗布し、美肌菌を一気に目覚めさせ自分の肌へと戻していくのです。これが、ミクロのオーダーメイド製品、「美肌フローラ」です。
完全オーダーメイド・スキンケア製品 写真

~ 美肌フローラ使用方法 ~

美肌フローラはお風呂上りの清潔なお肌に塗布し就寝します。寝ている間に美肌菌が活性化し、肌を健やかな状態に導いてくれます。
美肌フローラ使用方法図

美肌菌バンク

~ 将来に備える『貯菌』システム ~

バイオジェノミクスでは、お客様の美肌菌を保管する、「美肌菌バンク」事業を行っております。肌から採取した美肌菌を、-80℃の超低温庫にて凍結保管しており一生涯の保存が可能です。保存されていることにより、定期的に美肌菌をお肌に戻したい方はもとより、数年後に美肌菌を使用したい方等、様々な対応が可能となる将来に備えたシステムです。
将来に備える『貯菌』システム図

美肌フローラ製造工程

美肌フローラ製造工程図

美肌菌 研究業績

論文等

タイトル 出典 発表年
Subacute toxicological analysis of excessive Staphylococcus epidermidis administration in mice J. Cosmet. Dermatol. Sci. Appl., 3, 172-174 2013
"自分の皮膚常在菌"を活用した新規スキンケア法の開発 フレグランスジャーナル, 402, 14-20  2013
乳酸菌生産物質の機能性と基礎化粧品への応用 フレグランスジャーナル, 407, 28-34  2014
Augmentation of Staphylococcus epidermidis, an autologous skin microbiota, increases the amounts of glycerin and organic acids on the skin surface. Nat. Hist., Res. Bull., 79, 1-8 2015
Pilot study on novel skin care method by augmentation of Staphylococcus epidermidis, an autologous skin microbiota-A blinded randomized clinical trial. J.Dermatol. Sci.,
79,119-126
2015
高齢者の皮膚の保湿改善に対する美肌菌戻し法の可能性 「未病と抗老化」
25,34-38
2016
美肌菌戻し法論文

学会

タイトル 学会名 発表年.月
"自分の" 皮膚常在菌を活用した新しいスキンケア法の開発 長崎国際大学
学術研究報告会
(佐世保)
2013.2
"自分の" ヒト皮膚常在菌を活用した新しいスキンケア法の開発 日本農芸化学会
2013年度大会(仙台)
2013.3
"自分の" 皮膚常在菌を活用した新しいスキンケア法の開発 第4回化粧品開発展
Cosme Tech 2013
(東京)
2013.6
自分の美肌菌を活用した新規スキンケア法(美肌菌戻し法)の構築 第5回化粧品開発展
Cosme Tech 2014
(東京)
2014.10
Novel probiotic product for the skin containing Staphylococcus epidermidis isolated from customers Probiota2015
Amsterdam
2015.2
美肌菌戻し法による皮膚上の物質変化とスキンケア効果に関する分析研究 第32回日本薬学会
九州支部大会(延岡)
2015.11
自分の美肌菌を活用した新規スキンケア法(美肌菌戻し法)の構築 第6回化粧品開発展
Cosme Tech 2016
(東京)
2016.1
Development and clinical effect of novel probiotic product for the skin containing Staphylococcus epidermidis isolated from users 欧州研究皮膚科学会
(ESDR2016)
2016.9

受賞

タイトル 表彰機関 発表年
自分の美肌菌を活用したバイオスキンケア法 平成27年度
九州地方発明表彰
「中小企業長官奨励賞」
2015
自分の美肌菌を直接的に活用した美肌菌基礎化粧品 第63回(平成27年度)
長崎県発明くふう展
「発明協会理事長賞」
2015
博慈会オープンセサミ賞
※受賞論文テーマ:「高齢者の皮膚の保湿改善に対する美肌菌戻し法の可能性」
一般財団法人博慈会老人病研究所 2016

特許

特許番号 出願国 出願日
特許第10-1406808号 韓国 2012-1
特許第5584833号 日本 2014-11
特許第2196526号 中国  2012-11
特許

メディア(TV・雑誌)

TV

タイトル 放送局 放送日
情報番組「ひるおび」
自分の菌、育てて美肌、化粧品キットを製品化
TBS 2014.1.9
ワールドビジネスサテライト(WBS)
身近になる再生医療
テレビ東京 2015.7.24
セレブとビンボーお金のウワサを大調査SP
「セレブの間で話題!完全オーダーメイドの美」肌菌化粧品
フジテレビ 2015.10.10
緊急!池上彰と考える今年の細菌・ウイルス大疑問 TBS 2016.1.27
羽鳥慎一 モーニングショー
肌フローラで美肌&カサカサ・ニオイを解決
テレビ朝日 2016.3.30
美と若さ・新常識
「発見!美肌菌"自分力"を活かす最新お肌術!!」
NHK BS 2017.4.13

雑誌・専門誌

タイトル 雑誌名 発売日
完全オーダーメイド。スキンケアは"培養する"時代に Richesse 2014.3.28
自分の菌を育てて戻す、最先端美肌ケアセット GINZA 2014.4.12
育菌で効果抜群 ヌメロ東京 2014.4.28
究極の未来美容「オーダーメイド・バイオ・スキンケア」 美スト 2014.6.17
皮膚常在菌を調整することで肌質を改善 健康ジャーナル 2015.7.7
皮膚常在菌を調整し肌質を改善
-肌に有用な働きをする菌を優勢に-
美容エステジャーナル 2015.7.14
菌も細胞も貯金 美スト 2015.8.17
皮膚常在菌を調整し肌質を改善 健康ジャーナルPREMIUM 2015.8.30
皮膚常在菌のバランス整え美肌やアトピー、ニキビの対策に 日経ヘルス 2015.9.2
世界初!自分の"美肌菌"でいつでもベストな肌をキープ ヌメロ東京 2015.11.28
肌も菌活の時代へ!自分の菌で若返る、究極の美容法とは? オーシャンズ 2015.12.24
世界が注目する"美肌菌コスメ"の全貌がついに明らかに! オーシャンズ 2016.1.23
美肌菌を増やしてツルツルたまご肌に! 日経ヘルス 2016.2.2
美肌菌を凍結保存する"美肌菌バンク" FRaU 2016.3.12
美肌菌バンク&美肌フローラ GLITTER 2016.4.07
からだにいいコトバ辞典 からだにいいこと 2016.4.16
悪者を退治する"美肌菌"のすみか、角質をケアしすぎない 週刊女性 2016.5.10